土地売却は賢く行う|ノウハウを身につけ不動産業界にDIVE

luxurious house

投資戦略を広げる

上場不動産投資信託は株式市場で取引がされているため、どれほどの価格で取引されているのかが人目でわかることができます。追加投資をすることができ、同じ銘柄を複数口購入できるのは、上場不動産投資信託の特徴の一つです。

Read More...

ローンコントロール

不動産投資をする場合、ローンを組むことを考えると良いです。不動産投資はローンを組むことができる唯一の運用資産であり、ローンを組むことでレバレッジ効果を得ることができます。

Read More...

売却プロセスを知る

real estate

土地を所有している人も多いでしょうが、土地は持っているだけでは資産にはなりません。所有している間は、固定資産税や都市計画税がかかり、将来的には相続税が掛かることが予想されるため負担になる場合もあります。駐車場などといった土地の活用で収益をあげることができる場合は良いですが、立地や土地の形状によっては活用することが難しいこともあります。その場合、土地売却をすることで現金化し、資産を金銭に変えた上で活用することを検討し直す方法が有効ということもあります。負債などがある場合、土地売却によって状況を大きく改善することが可能になることもあります。土地を売却する場合、適正な値段で売却したいと考える人がほとんどでしょう。また、売却にあまり時間を掛けたくないという人もいます。売却プロセスを把握することが大切です。

土地売却を行いたい場合、自分の所有する土地がどれだけの価値を有しているのかなどを不動産会社などに調査・査定をしてもらう必要があります。近隣相場や周辺の取引事例、土地の形状や需給動向も加味したうえで査定価格を提示してくれます。査定が完了し、同意した場合には、不動産会社と媒介契約を締結します。媒介契約には3種類あり、特定の一社だけに売却依頼をする専属専任媒介契約と、特定の一社だけに依頼を行うと同時に売主自身が買主を探し契約することが可能な専任媒介契約、複数の不動産会社に売却を依頼できる一般媒介契約があります。この3種類から選択を行い媒介契約締結が完了したら売却活動が行われます。売買価格や引渡し時期など、売主と買主双方の条件をすりあわせ、合意に至れば売買契約を締結することができます。売買契約は必要書類を整え、正式に契約を行います。この時、買主から手付金が支払われ、のち、代金決済と引き渡し、所有権転移登記が行われ、土地売却手続きは完了となります。

人気が高まっている

今でこそ中古物件は売れていますが、少し前までは避けられているjことが多かったです。しかし、中古物件でもしっかりとした建物が多く、安さも注目されたことで人気が高まっています。

Read More...

借入金利の低下

中古ワンルームマンションでの不動産投資がここ数年でかなり人気となっています。住宅ローン金利の低下は広く知られていますが、不動産投資においてもその借入金利はじわじわと下がり続けています。

Read More...